AGAの概要と基本対策

AGAとは、テストステロンなどの男性ホルモンの影響によって引き起こされる男性型脱毛症のことです。

テストステロン以外では、ジヒドロテストステロンやデヒドロエピアンドロステロンも男性特有の脱毛に強い作用を持ちます。男性型脱毛は遺伝的要素が強いことが長年の研究から分かっています。男性の約30パーセントがAGAを発症することが判明し、過去のデータとして比較しても大きな差が無いために、30パーセントがAGA発症率の標準値として用いられます。

脱毛が始まっている場合だけでなく、まだ脱毛が始まっていない場合でも、毛髪のDNAを調べることで、これから男性型脱毛が起きるリスクを知ることができます。男性型脱毛を発症する人の毛髪には特有のDNA配列があり、特有のDNA配列の有り無しで発症リスクを判定します。
名古屋のAGA対策はこちら。

男性型脱毛のリスクに係るDNA配列は年齢によって変化しないので、一度検査すれば充分です。AGAは男性にだけ現れる症状ではなく、女性にも発症例が多い脱毛です。ただし、発症した男性が頭頂部や額など特定の部位から脱毛するのに比べ、女性には特定部位だけの脱毛例は少なく、頭髪全体が薄くなります。女性のAGAは、出産などの影響でホルモンバランスが崩れていることから発症することが多く、ヘアサイクルが一時的に乱れているだけの薄毛か男性型脱毛か判断が難しいため、医療機関でDNA配列をして然るべき対処法を選択することが重要です。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *