薄毛は何で判断するか

薄毛の判断基準は2つあります。

一つは自分が薄毛だと感じた時で鏡の前で地肌が以前より露出したなど、周囲が気づかなくても毎日見ている自分だからこそできる判断です。

この場合は、すぐに育毛剤などで対策することで進行を止められる可能性があります。

もう一つは他人から指摘されたり、クリニックで診断される場合です。

M字ハゲでは耳の一番上から頭頂部の一番高いⅠまで垂直のラインを想像します。

クリニックではそのラインから横に2cmずらした位置に生え際があったり、さらに後退していればM字ハゲと診断して育毛対策の重要性を説明します。

また軽く生え際を引っ張って抜けてしまうと、その付近の髪の毛も近い将来抜けるサインなので、生え際の後退が予想できます。

頭頂部の薄毛では、M字ハゲと比べると髪の毛のボリュームが多いため判断しにくいです。
名古屋の薄毛はこちら。

まず部屋を暗くして、デスクランプなどに使われるオレンジ色の光を頭皮に当てます。

そして全体的に頭皮が確認されれば頭頂部の薄毛が進行しています。

普通の蛍光灯は白すぎて判断できないので、頭皮の色を見ます。

頭皮が赤色の人は頭皮が炎症を起こしたり、血液が送られていないことを表しています。

炎症を起こせば血液の巡りも悪く、毛乳頭に栄養が供給されないので髪の毛は発育しないまま抜けます。

一方で、女性は毎日鏡で外見をチェックする人が多いため、髪の毛のボリュームが無くなったことがすぐに分かり薄毛対策を早期に行えます。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *