AGA治療は自由診療で保険適用外になります

男性型脱毛症の事を別名AGAと言います。

生え際から徐々に後退するM字型、頭頂部が薄くなるO字型の2種類の薄毛が特徴です。遺伝子の影響を受けて、男性ホルモンのテストステロンと体内酵素の5α-還元酵素が結びつくと、テストステロンはDHTと言う男性ホルモンに変換されます。

DHTは髪の毛の成長期の期間を、通常3年から5年となるものを僅か3ヶ月足らずで抜け毛へと導いてしまう性質を持つため、生えて来た髪の毛も僅か3ヶ月ほどで脱毛してしまうと言うのが特徴です。

短期間で髪の毛は脱毛してしまうため、薄毛の症状は進行してしまう事になり、AGA治療を受けることで脱毛を防止する事が出来るようになります。
名古屋のAGA治療情報です。

尚、AGA治療には色々な治療法が用意されていると言われていますが、治療そのものは自由診療になっているため、治療にかかる費用は全額自己負担をする事になります。

自由診療と言うのは、健康保険が適用しないだけではなく、治療を行う病院が治療費などを決めることが出来ると言う事でもあるわけです。そのため、AGA治療を行う専門クリニックは、病院によって治療にかかる費用が異なると言う事でもあるわけです。

全額自己負担は経済的な負担も大きくなるため、少しでも安く治療を受けることが出来る病院を探す事が大切ですが、AGA治療は専門医による治療を受けることで発毛や育毛に対する効果を期待する事から出来るからも、病院を選ぶ場合は治療実績を多く持つ病院を選ぶ事が大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *