薄毛に有効性の高いプロペシアという治療薬があります

抜毛の問題は中年男性において、大きな問題の1つであると言えるでしょう。

海外では薄毛に有効性の高い医薬品の開発が進んでおり、日本でも承認を受けている薄毛治療薬があります。髪の毛が薄くなることをAGAとも呼んでいますが、AGA治療薬としてプロペシアは日本の医療機関でも処方されている薬になります。

プロペシアは主成分としてフィナステリドを含有しており、抜毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制できる作用があります。

2005年に厚生労働省の認可を受けたことで、薄毛の治療薬として効果の高いものであることが認められています。
名古屋の薄毛治療情報について考えます。

男性ホルモンであるステトステロンが、5αリダクターゼと結合することで薄毛の原因となるDHTが生成されます。

このDHTがホルモンのバランスを乱すことで、AGAの症状が進行していくことになります。

プロペシアにはDHTが増えるきっかけとなる、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるので、AGA治療に有効性が高いと考えられています。

プロペシアによってAGAの治療を行うときには、毎日服用して6か月間にわたって継続する必要があります。

服用の継続を止めてしまうことで、AGAが進行してしまうことが考えられますので、自己判断で止めないことが大切となります。

AGAには様々な原因が考えられることから、内服薬であるプロペシア以外にも外用薬を使用することや、生活習慣を改善させることが重要です。生活習慣を見直すことで、頭皮の血行を改善できると栄養素が頭皮まで行き届きやすくなりますので薄毛を改善できる可能性があります。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *